天気図と解析 資料室
 天気図・解析 数値予報(GSM)12UTC 初期値天気図
2020年09月01日12UTC 初期値 
 日本 気象庁   アメリカ National Weather Service
解析手順 極東域中心

1 500hPa強風軸  
 ・寒帯前線ジェットと亜熱帯前線ジェットに対応
  200hPa ,300hPa 天気図と対比してください
 @ 北緯60度付近を東西に
 A バイカル西で枝分かれ、バイカル湖〜南東〜中国東北区〜
   サハリン北部
 B チベット〜黄河下流域〜沿海州

 C @〜Bについてトラフ、リッジを解析   
   気象庁ではトラフは茶色実線、リッジは青破線で表します

 ・同時に温度線も見ておきます。
   *温度集中帯は500hPaの前線帯(傾圧帯)です。
 ・トラフとサーマルトラフの位置関係、寒気・暖気移流を確認、
  不安定化に関連

2 850hPa 前線解析 
 @ 海抜高度がおよそ1500m。この高度では地表面摩
    擦の影響がほとんどなくなり自由大気です。
  ・大規模な山脈などの影響はあります。日本付近では、
   朝鮮半島〜沿海州〜オホーツク海に至る大陸沿岸部
   で、前線の変形が時々見られます。
  ・この事例でのサハリンから西の温暖前線
   
温度線の形状のまま前線を描くと脈を打ちます。
   しかし、500hPa ,その他の天気図をみても、なにか擾
   乱があるわけでもなく、地形の影響と考え他方が良いと
   思います。
  *850hPa の相当温位分布を参考に
 A 850hPa、925hPaの相当温位分布から
  ・オホーツク海〜北海道東〜東へ
  ・日本海〜東北地方〜東へ
 B 850hPa解析図のように太平洋域は2本の前線と
   考える。